読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『俺のうつ嫁が、めんどかわいい。』の第6話。

 

 

『俺のうつ嫁が、めんどかわいい。』は、漫画家・門瀬粗(かどせあら)が描く、"うつ" を患う奥様との日常漫画です。

 

 

【第6話】

 第6話で、よこさんとあらさんは引っ越しをします。台風か近づく時期でしたが、本格的に天候が荒れる前に引っ越しを終えられて一安心……と思ったものの、大きな環境の変化が "うつ" に影響することもあります。

 

 引っ越し作業で仕事が押していたこともあり、仕事を分担して進めようとしたよこさん。しかし、何とかしなければと焦るほどに "うつ" が深刻化していきます。

 

 二進も三進も行かず、病院に行ったら入院を勧められてしまいます。漫画家とその家族アシスタントのような自宅稼業の場合、仕事場と居所が一緒なのが余計にプレッシャーになってしまうそうです。

 

 気分転換の意味も込めての入院のススメでしたが、病院のベッドの空きがなく、予約待ちをすることになります。病院の状況次第では、一番辛いときに対応してもらえないこともあり得るようです。そんなときは、身近な人が支えてあげるほかありません。

 

  ちなみに、台風の経過とともによこさんの容態は持ち直しました。「引っ越し」と「台風」など、いろいろな要因が重なって "うつ" を誘発することがあります。そのときそのとき臨機応変で対応して行かなければならないのは、本当に大変そうです。

 

 

 

 "うつ" を患う人にとってはこれらの状況はとても大変なことだと思います。ただ、この漫画はそれを悲壮感たっぷりに伝えるのではなく、コミカルに描いて伝えています。そのため、"うつ" というデリケートな題材を、読者にストレスを感じさせることなく伝えることができているのではないかと思います。

 

 

 

 こちらの作品は eBookJapan にて無料で試し読みができます。

 是非一度、読んでみてください!

 

 ↓ ↓ ↓

 

eBookJapan で無料で試し読む!

 

 

 

 紙の本も手に入ります。

 ↓  ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

俺のうつ嫁が、めんどかわいい。 [ 門瀬粗 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/1/25時点)


 

 楽天さん

『俺のうつ嫁が、めんどかわいい。』の第5話。

 

 

『俺のうつ嫁が、めんどかわいい。』は、漫画家・門瀬粗(かどせあら)が描く、"うつ" を患う奥様との日常漫画です。

 

 

【第5話】

 第5話で見られる症状は 気分反応性 です。簡単にいうと、楽しいことはより楽しく、悲しいことはより悲しく感じること とのことです。

 

 

 あらさん曰く、よこさんの "うつ" がひどいときは、部屋を隔ててその雰囲気が伝わってくるのだそうです。周りを巻き込んでネガティブトークを繰り返すので、時として、近くにいる人が状態を判断してコントロールすることも必要です。

 

 また、"うつ" が強い状態のときは、何かを決断するのが困難になることがあります。その場合、決断を保留することも検討します。

(※ 特に重要な決断は、決して1人でしない若しくはさせないように心がけます)

 

 

 少し前までひどく沈んでいても、楽しいもの、興味深いものに触れた途端、人が変わったようにテンションが上がることもあります。これが「気分反応性」と呼ばれます。

 

 調子の良いときと悪いときのギャップに驚くこともありますが、"うつ" を支える側はそれを踏まえておく必要があります。

  

 

 

 "うつ" を患う人にとってはこれらの状況はとても大変なことだと思います。ただ、この漫画はそれを悲壮感たっぷりに伝えるのではなく、コミカルに描いて伝えています。そのため、"うつ" というデリケートな題材を、読者にストレスを感じさせることなく伝えることができているのではないかと思います。

 

 

 

 こちらの作品は eBookJapan にて無料で試し読みができます。

 是非一度、読んでみてください!

 

 ↓ ↓ ↓

 

eBookJapan で無料で試し読む!

 

 

 

 紙の本も手に入ります。

 ↓  ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

俺のうつ嫁が、めんどかわいい。 [ 門瀬粗 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/1/25時点)


 

 楽天さん

『俺のうつ嫁が、めんどかわいい。』の第4話。

 

 

『俺のうつ嫁が、めんどかわいい。』は、漫画家・門瀬粗(かどせあら)が描く、"うつ" を患う奥様との日常漫画です。

 

 

【第4話】

 第4話では、よこさんが 精神科へ通院 します。

 

 よこさんが "うつ" になった経緯が描かれます。学生時代から続く不調に、今も悩まされているようです。

 

 精神科の受診を勧められたものの、「精神科」という場所について分からないことだらけで、「喚く人がいたらどうしよう」「診察料って高いのかな」「説教されるかも」などなど、行く前から不安がいっぱいです。

 

 しかし、「精神科」も、外科や小児科などと同じで診療科の1つであり、よこさんのような心配は杞憂であることがほとんどです。

 

 よこさんの診察のときは、あらさんも同席します。"うつ" の人は時として自分の状況をうまく話せなかったり、医者の言葉を冷静に受け止められなかったりすることがあります。

 

 

 パートナーが間に立つことで、"うつ" の人も安心でき、パートナー自身も病気に対する理解が深まります。

 

 

 

 "うつ" を患う人にとってはこれらの状況はとても大変なことだと思います。ただ、この漫画はそれを悲壮感たっぷりに伝えるのではなく、コミカルに描いて伝えています。そのため、"うつ" というデリケートな題材を、読者にストレスを感じさせることなく伝えることができているのではないかと思います。

 

 

 

 こちらの作品は eBookJapan にて無料で試し読みができます。

 是非一度、読んでみてください!

 

 ↓ ↓ ↓

 

eBookJapan で無料で試し読む!

 

 

 

 紙の本も手に入ります。

 ↓  ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

俺のうつ嫁が、めんどかわいい。 [ 門瀬粗 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/1/25時点)


 

 楽天さん

『俺のうつ嫁が、めんどかわいい。』の第3話。

 

 

『俺のうつ嫁が、めんどかわいい。』は、漫画家・門瀬粗(かどせあら)が描く、"うつ" を患う奥様との日常漫画です。

 

 

【第3話】

 第3話でのよこさんは 1日の中で気分が激しく抑揚します。

  

  夫・あらさんの仕事の合間にちょっかいを出してはぐったりし、動画を見てはテンションを上げ、アシスタントの仕事で褒められて有頂天になったと思ったら、ちょっとした家事で一気に気分が低迷してしまいます。

 

 このような気分の抑揚が何の前触れもなく起こるので、一緒にいるあらさんも困惑してしまいます。

 

 その他、夕方になると頻繁に気分が沈んだり、今しようとしていたことも一瞬で忘れたり、第3話には2人の日常の苦労が垣間見えます。

 

 

 "うつ" を患う人にとってはこれらの症状はとても大変なことだと思います。ただ、この漫画はそれを悲壮感たっぷりに伝えるのではなく、コミカルに描いて伝えています。そのため、"うつ" というデリケートな題材を、読者にストレスを感じさせることなく伝えることができているのではないかと思います。

 

 

 

 こちらの作品は eBookJapan にて無料で試し読みができます。

 是非一度、読んでみてください!

 

 ↓ ↓ ↓

 

eBookJapan で無料で試し読む!

 

 

 

 紙の本も手に入ります。

 ↓  ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

俺のうつ嫁が、めんどかわいい。 [ 門瀬粗 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/1/25時点)


 

 楽天さん

『俺のうつ嫁が、めんどかわいい。』の第2話。

 

 

『俺のうつ嫁が、めんどかわいい。』は、漫画家・門瀬粗(かどせあら)が描く、"うつ" を患う奥様との日常漫画です。

 

 

【第2話】

 第2話で扱われるよこさんの症状は 集中困難 です。

  

 

 集中困難 

 興味を持つと一時的に没頭するものの、少しでも義務感を感じると即座に飽きて、何をやっていたのかすら忘れてしまいます。

 「メモを取ったら?」という、あらさんのアドバイスにも「メモを取ることそのものを忘れる」という見事な返し。

 

 

 両極端に現れる集中と散漫。それにさらされる夫のあらさんの心の広さ、見上げたものです。

 

 

 "うつ" を患う人にとってはこれらの症状はとても大変なことだと思います。ただ、この漫画はそれを悲壮感たっぷりに伝えるのではなく、コミカルに描いて伝えています。そのため、"うつ" というデリケートな題材を、読者にストレスを感じさせることなく伝えることができているのではないかと思います。

 

 

 

 こちらの作品は eBookJapan にて無料で試し読みができます。

 是非一度、読んでみてください!

 

 ↓ ↓ ↓

 

eBookJapan で無料で試し読む!

 

 

 

 紙の本も手に入ります。

 ↓  ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

俺のうつ嫁が、めんどかわいい。 [ 門瀬粗 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/1/25時点)


 

 楽天さん

『俺のうつ嫁が、めんどかわいい。』の第1話。

 

 

『俺のうつ嫁が、めんどかわいい。』は、漫画家・門瀬粗(かどせあら)が描く、"うつ" を患う奥様との日常漫画です。

 

 

【第1話】

 第1話で扱われるよこさんの症状は以下の3つです。

 

 1) 睡眠障害

 2) 軽度のパニック

 3) 取り返し運動

 

 

 1) 睡眠障害

 「寝る時間を自分で選べない」症状です。寝つきが悪いときは、眠れないことで気が焦り、さらに眠れなくなるという悪循環に陥ります。

 

 2) 軽度のパニック

 眠れないながらも何とか眠ろうとし、暗い中にじっとしたままだと頭の中も暗くなります。どんどん悪い方向に考えが行ってしまい、軽いパニック状態に陥ります。

 

 3) 取り返し行動

 気分転換や服薬などで少し気分が持ち直すと、"うつ" の間にできなかったことを急いで取り戻そうとします。これを「取り返し運動」というそうです。一時的に気持ちが高ぶったときに一気に行動してしまうため、その後、反動で燃え尽きたようになってしまうこともあるようです。

 

 

 "うつ" を患う人にとってはこれらの症状はとても大変なことだと思います。ただ、この漫画はそれを悲壮感たっぷりに伝えるのではなく、コミカルに描いて伝えています。そのため、"うつ" というデリケートな題材を、読者にストレスを感じさせることなく伝えることができているのではないかと思います。

 

 

 

 こちらの作品は eBookJapan にて無料で試し読みができます。

 是非一度、読んでみてください!

 

 ↓ ↓ ↓

 

eBookJapan で無料で試し読む!

 

 

 

 紙の本も手に入ります。

 ↓  ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

俺のうつ嫁が、めんどかわいい。 [ 門瀬粗 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/1/25時点)


 

 楽天さん

『俺のうつ嫁が、めんどかわいい。』のヒロイン「よこさん」。

 

 

『俺のうつ嫁が、めんどかわいい。』は、漫画家・門瀬粗(かどせあら)が描く、"うつ" を患う奥様との日常漫画です。

 

 

 漫画のヒロインは、"うつ" を抱えた人妻「よこさん」

 表紙でピンクのパジャマを着ている人です。

 

 

 突如として現れる "うつ” の症状。

 

 気分の落ち込みだけではなく、睡眠障害や食欲低下などとしても現れています。 また、気分をうまくコントロールできないこともあり、少し調子がいいときに、異常に張り切ってしまうこともしばしばです。

 

 よこさん自身もこのままではいけないと思い、何とかしようと試みるのですが、なかなかどうしてうまくいきません。

 

 

 ごくありふれた生活の一場面に見えながら、それが "うつ" の症状からくる行動であり、それを夫である「あらさん」がどのように支えているのか。

 

 

 

 どこか見守りたくなる2人の姿があります。

 

 

 

 eBookJapan にて無料で試し読みができます。

 是非一度、読んでみてください!

 

 ↓ ↓ ↓

 

eBookJapan で無料で試し読む!

 

 

 

 紙の本も手に入ります。

 ↓  ↓ ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

俺のうつ嫁が、めんどかわいい。 [ 門瀬粗 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/1/25時点)


 

 楽天さん